So-net無料ブログ作成
検索選択

大平俊介のセンター試験勉強法マニュアル 基本編 レビュー 感想 [大平俊介のセンター試験勉強法レビュー]

大平俊介のセンター試験勉強法マニュアル 基本編は、どちらかと言えばセンター試験で高得点を狙う人向けの内容となっています。

そのため、偏差値が40程度の人は、この教材を見るより前にまずは教科書の問題をひたすら解くことから始めた方がいいと思います。

この教材では、センター模試で8割取れない人の演習方法および8割から満点目指す人の演習方法について書かれています。

あなたは、センター対策はただひたすら過去問を解くことだと思っていませんか?

もちろん過去問演習は大切ですが、ただ解くだけだと時間がかかる割にあまり成績は伸びません。

そこで、過去問や予想問題の効果的な利用方法を知ることが大事になってきます。

センター模試で8割取れる人と取れない人で効果的な勉強やり方は違ってくるので、あなたが今までただなんとなく過去問を解いていたなら、この教材で正しいセンターの勉強法を身に付けて下さい。

また、センターの地歴や公民の勉強における注意点についても書かれています。

これらの科目は読む文章が長いために問題を読むだけで時間が取られてしまうので、ただ過去問を解くだけではパターン暗記や知識の吸収にはつながりにくいです。

そのため、この教材では過去問を解く代わりに○○をすることを推奨しています。

この方がはるかに効率がいいと私も思います。

他にも、センター試験対策でおススメな参考書や1週間前の勉強の仕方、センター試験前日から当日の過ごし方、裏技的な解法の使い方や計算ミスを劇的に減らすコツなどについて詳しくアドバイスしてくれています。

センター試験を受ける予定なら、必ずこの教材には目を通しておいて下さいね。

そうすれば、センター試験本番では「見ててよかった!」と思えるはずですよ。


詳細はこちらをクリック



共通テーマ:資格・学び

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。