So-net無料ブログ作成

大平俊介のセンター試験勉強法マニュアル 数学編 レビュー 感想 [大平俊介のセンター試験勉強法レビュー]

センター試験の数学は、安定して高得点を取るということにおいては一番難しい科目かもしれません。

というのは、問題が1つ1つ独立しているのではなくつながっており、そのため途中で少しでもつまずいたら後の問題も解けなくなってしまうからです。

また、その日のコンディションやメンタル面に影響されやすい科目でもあるので、普段の模試で高得点がとれていても本番では大幅に点を落としてしまう人も多いです。

大平俊介のセンター試験勉強法マニュアル 数学編では、センター数学で得点の波をなるべく小さくし安定して8割を取るための戦略が書かれています。

難関国公立の理系や国公立医学部受験者にとっては落とせない科目なので、この教材に書いていることは非常に重要です。

また、8割と言わず満点を狙うなら、○○を中心に行うということが推奨されています。

模試や過去問で8割程度取れている人は、ただひたすら過去問を解いていても無駄な部分が多く効率的とは言えないので、このやり方は確かによいやり方だと私も思います。

他にも、各大問の通過時間の目安や苦手分野の対策、大問ごとの注意点、時間短縮に効果的な裏ワザ公式の活用法、ベクトル問題の考え方、マーク形式であることの有効利用、行き詰まったときの対処法など、役に立つ考え方がたくさん書かれています。

ただ漫然と問題を解くのと、この教材のやり方を利用して解くのでは、大きな差が付くと思います。

数学に苦手意識がある人はもちろん、毎回8割以上とれている人も、本番で思わぬ失敗をしないようにこの教材で正しいやり方を身につけておくことをオススメします。

見ておいて損はしませんよ!


詳細はこちらをクリック


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。