So-net無料ブログ作成

大平俊介の大学受験勉強法マニュアル 英語編 レビュー 感想 [大平俊介の大学受験勉強法レビュー]

あなたは、英語の勉強と聞いて何を思い浮かべますか?

すぐに浮かぶことといえば、英単語・熟語・構文の知識を付けることや文法を理解すること、また長文読解や英作文の練習といったところではないでしょうか。

もちろん、これらは英語の偏差値を上げる上で必要なものです。

しかし、それぞれの勉強において、具体的に何をしたらいいのか、またどういう順番でどのぐらい勉強したらいいのか分からずに困っている人も多いのではと思います。

大平俊介の大学受験勉強法マニュアル 英語編には、その具体的な勉強のやり方や順番などが明確に書かれています。

さらに、上記の勉強以外に実はもう一つとても重要なものがあるのですが、これをちゃんとしている人は意外なほど少ないと思います。

長文をたくさん読んでいる割に中々成績が上がらないのは、この勉強を飛ばしているからかもしれませんよ。

私は現在塾講師・予備校講師として受験生を指導していますが、この教材にはなるほどと思わされるところがいくつもありました。

例えば、英単語を覚えるのが苦手な人も多いと思いますが、この教材に書かれている○○の入ったCDを聞くやり方や○○をすること、○○を利用することなどは私も実際に塾での指導に取り入れています。

これをするようにしたところ、今までの5倍ぐらい単語を早く覚えられるようになりました。

また、英熟語は前置詞のおおまかなイメージを理解していれば非常に覚えやすくなるのですが、それぞれの前置詞のイメージについてこの教材では分かりやすく解説されています。

これを理解しておけば熟語を丸暗記しなくても済むし、また、make A from B と make A of B の違いなども迷わずに答えることができます。

ただ、欲を言えばここの部分をもっと掘り下げて解説してくれていたらなお良かったのにとは思います。

前置詞のイメージをつかむことは、熟語を覚える上でそれだけ強力な武器になるので。

また、多くの受験生の共通の悩みとして、長文読解で時間がかかり過ぎてしまうということをよく聞きますが、これについても解決策を提示してあります。

これを実践すれば試験で時間が足りずに最後まで解けないということはなくなるでしょう。

今まで独学で英語を勉強していて伸び悩んでいた人は、単にやり方がまずかっただけかもしれませんね。

この教材で効率的な勉強のやり方を身につければ、一気に飛躍できるはずです。

英語は入試合格のカギとなる重要な科目なので、どうせやるなら正しいやり方で勉強しましょう!

入試だけでなく、大学入学後も英語は必ず必要になってきますよ。

英語のスキルを身につけておけば、一生ものの財産になります。

今のうちに英語をしっかり勉強しておきましょう!


詳細はこちらをクリック


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。